就職対策|敬語の使い方

パソコン教室・J&Lスクール

就職対策|敬語をマスターして正しい言葉使いで面接に挑もう!

敬語の使い方

J&Lパソコンスクール > 就職対策 > 敬語の使い方

敬語をマスターして、内定に近づこう!

せっかく書類選考に通って面接に行ったのに、

「私がご入社される際には…」なんて誤った表現をしてしまっては、もったいない!

敬語がカンペキであれば内定が取れる、というわけではありません。

けれど誤った言葉遣いが、「常識のない人」「この人を採用してお客さんに会わせたら、失礼がありそう…」といったマイナス評価の原因になってしまいやすいのは事実です。

そこで、敬語の学習のために、音声再生のできるコンテンツを用意しました。「尊敬語」「丁寧語」「謙譲語」の3ジャンルがありますので、それぞれ学習を進めていってください。

正しい言葉遣いで熱意を伝えられるように、繰り返し学習していきましょう!

  • 尊敬語編はコチラ
  • 謙譲語編はコチラ
  • 丁寧語編はコチラ

★「質問」にある文章を、尊敬語・丁寧語・謙譲語のいずれかに直していく形式の問題が、各ページ10問ずつ掲載されています。


オススメ学習法

  1. まずは「質問」の音声を聞く。
  2. 「質問」の文章を、指示に従って尊敬語・丁寧語・謙譲語のいずれかに直す。
  3. 「答え」の音声を聞く。
  4. ※答えを聞いたら、実際に声に出してみましょう。“敬語を口に馴染ませること”が大切です。


<例>★尊敬語(1)

次の質問を、尊敬語に直してください。

質問1:お客さまが来ました。

↑こちらで、まずは質問の音声を再生してみましょう。
その後、まずは答えを考えます(※この場合は、「お客さまが来ました」を尊敬語で言うとどうなるか?を考えます)。
書き出しておくとより良いでしょう。


答えの音声はコチラ

↑こちらで、答えの音声を聞くことができます。
「自分で考えた答えが合っていたか」の確認はもちろんですが、正しい敬語表現を繰り返し聞き、耳に馴染ませていくことが大切です。
自分の敬語に自信を持てるようになるまで、繰り返し学習していきましょう。



早速チャレンジしてみましょう!

  • 尊敬語編はコチラ
  • 謙譲語編はコチラ
  • 丁寧語編はコチラ